体の事

体の事詳細

脳脊髄液と身体の不調 by Glanz 骨セラピー 渋谷駅 徒歩7分


< 脳脊髄液 >

 脳と頭蓋骨の間を流れ 脳を保護する 役割として知られていますが

体の不調により歪みが生じ 脳脊髄液の流れが頭蓋から脊髄の方向、末梢神経の末端へというように、

上流から下流へとスムースに流れて吸収されて行かないと、頭蓋内でうっ滞をおこします。

 

脳は溜まった水の圧力で押しつぶされたストレスにより 十分に力が発揮できなくなってくると

頭蓋内の圧力が高まり、まるでパンパンに膨らんだ風船のようになり脳に血液が流入しづらくなります。

 

すると、脳 内臓 筋肉 各器官 すべての働きが低下します。 

 

私たちの体の約60%は「水分」で、血液・リンパ・脳脊髄液などが廻っています。

私たちの健康は

それらが体の中を滞りなく廻っていること ・ 脳が必要十分に活性化している事が条件です。

 

疲れたところで流れが滞りると体内細菌の増殖とともに機能低下を起こし、

神経経路の筋肉の緊張、体の歪み、痛みや病気の原因となります。

 

この中でキーポイントになるのが 脳脊髄液

その名の通り脳の中心部で血液から作られて、脳のを包む膜の内側、脊髄を包む膜の内側を流れます。

脊髄から末梢神経に沿っても神経の管の中を流れていき、筋肉や内臓など体の隅々まで届けられます。

リンパ液などと合流してまた再び血液に帰っていく循環を繰り返しています。
 

滞りなく流れることが理想ですが、

疲労により内臓や筋肉などで うっ滞や浮腫み を起こし

通過障害による神経圧迫で痛みや不調の原因をつくります。

 

うっ滞は、脳脊髄液の経路の交通渋滞をつくり、生産元の脳にまでおよび、頭蓋内も脳脊髄液のうっ滞をおこし 

溜まった脳脊髄液が頭蓋骨を内側から押し広げ ⇒ 頭は大きく膨らんできます。

 

脳内の圧力が高まる ⇒ 心臓から送られる血液が脳に十分流入できない ⇒ 脳は十分に活動できない ⇒ 自然治癒力も十分に発揮されません。

Glanz 骨セラピー

▼オンライン予約用URL▼
https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g3d5k2/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIytjC3NFWyrgVcMOnIC3Q

住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-24

※詳しい住所はお問い合わせの際に
お伝えいたします。

TEL 03-4500-8281
LINE @vgi4233u
MAIL glanz-01@outlook.jp
営業時間 10:00~21:00
お休み 不定休

LINE(相談・予約・新情報)
LINE ID  @vgi4233u   https://line.me/R/ti/p/%40vgi4233u
Facebook  http://on.fb.me/1K1jVFk
  • facebook
  • twitter