体の事

体の事詳細

筋肉を鍛えても「凝り」や「痛み」はなくならない ②


大切なのは筋肉のバランス

 

多くの人は、肩こりって肩の筋肉が固まって起きると感じていると思います。

 

解剖学的にいえば、首から肩の裏側にある僧帽筋という筋肉。

その部分に凝りや痛みを感じるので、私たちは首や肩の裏側をもむわけです。

マッサージや鍼灸でも、施術するのは首や肩の裏側が多いですよね?

 

でも、よく考えてみてください!

現代人の日常生活や仕事は、パソコン・スマフォ、ほとんど前かがみの姿勢になっていて

それが肩凝りや痛みの原因になっていることは、みなさんも感じていますよね?

 

ところが、凝っている僧帽筋は首や肩の裏側にありますから、前かがみの姿勢では伸びています。

 

ん??

 

縮こまって固まっているのではなく、伸びている筋肉がこっている??

 

つまり、肩凝りや痛みは、単なる筋肉の縮こまりだけで起きるのではないということ。

 

前後の筋肉のバランスが問題なのです。

 

バランスが崩れるために、凝りや痛みが発生するのです。

 

筋肉というのは裏表の引っ張り合いで働きます。つまり、

 

一方の筋肉が縮めば、もう一方が緩むという関係。

 

収縮して力を発揮した筋肉は、自分では元の状態に戻ることができません。

 

例えば、腕の力こぶをつくる上腕二頭筋という名前の筋肉があります。

これが収縮して縮んだ時、筋肉が膨隆してあの力こぶができるのですが、

その収縮した上腕二頭筋は自ら元の状態に戻ることができません。

どうするかというと、その裏側にある上腕三頭筋という、いわゆる「二の腕」の筋肉が収縮することによって元の状態に戻ります。

 

つまり、裏表の関係で、どちらか一方が縮めば、他方は緩みます。

ある仕事をする際に縮む側の筋肉⇒主動筋

その裏側の筋肉⇒拮抗筋

基本的には筋肉はほぼすべてこの関係で動きます。

 

そうやって、裏表の関係で曲がった手足は元の位置に戻るのですが

その使用頻度や強度が高くなってくると、少しずつ疲労が蓄積され、完全に元の状態に戻り切らず、縮んだままになっていきます。

 

首や肩の筋肉もこれと同じ関係になっていて。

 

首や肩の裏側にある僧帽筋 ⇔ 前側にある大胸筋という筋肉    主動筋 ⇔ 拮抗筋 の関係

 

この裏表のバランスが取れている状態が理想であり、両者のバランスが保たれていれば運動能力の低下は防げますし、凝りや痛みも防くことができます。

 

ところが、前かがみの日常生活が続くと、

前側にある大胸筋が縮んだまま、裏側にある僧帽筋は伸びたままの状態が続きます。

 

大胸筋は縮こまっている   僧帽筋はもとに戻ろうとし、張力がかかり続け

 

裏と表でどちらも力が入っているから凝るのです。

 

そうした状況に対して、裏側の僧帽筋だけを対象にマッサージしたり、ストレッチをかけたりしても、バランスが整いません。

整えようとするならば、表側も対象にしなければいけないのです。

 

少し難しいお話になりましたが、バランスについて少しお分かりいただけたでしょうか?

Glanz 骨セラピー

▼オンライン予約用URL▼
https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g3d5k2/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIytjC3NFWyrgVcMOnIC3Q

住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-24

※詳しい住所はお問い合わせの際に
お伝えいたします。

TEL 03-4500-8281
LINE @vgi4233u
MAIL glanz-01@outlook.jp
営業時間 10:00~21:00
お休み 不定休

LINE(相談・予約・新情報)
LINE ID  @vgi4233u   https://line.me/R/ti/p/%40vgi4233u
Facebook  http://on.fb.me/1K1jVFk
  • facebook
  • twitter