体の事

お知らせ詳細

花粉症と呼吸  Glanz 勝山(トレーナー&施術者)勝山


こんにちは!
Glanz 勝山です^^

すっかり暖かくなり、桜も満開を迎えました!
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

この時期は気持ちがわくわくする一方、お鼻がむずむずしている方も多いと思います。

そこで、今回は
 【花粉症と呼吸】
についてお伝えいたします!

鼻がつまって呼吸が浅くなり頭がぼーっとするといった経験がある方は多いのでは?
呼吸が浅くなると、全身に十分な酸素が行き渡らず倦怠感、頭痛、むくみ、冷え、代謝不良
など様々な悪影響を及ぼします。

そんな時、オススメなののが
深い呼吸です。

 

呼吸には主に “腹式呼吸”と“胸式呼吸”があります。

腹式呼吸は副交感神経を優位にしリラックス感を生み出し、
胸式呼吸は交感神経を優位にしリフレッシュ感を生み出します。

 

花粉症などのアレルギー症状は副交感神経が優位の時に起こりやすく、何かに集中していたり緊張している交感神経が優位の時には症状は起こりにくいといわれています。

 

そのため花粉症にお悩みの方には交感神経を優位に導く【胸式呼吸】がオススメ!

 

 

また、呼吸が浅いときは
肋骨をとりまく横隔膜、肋間筋、背骨周りの筋肉が硬く動きにくくなっています。

そこで、胸式呼吸で肋骨を広げるように息を吸い、肋骨を閉じるように息を吐くことで、上記の硬くなった筋肉を呼吸により緩めていきましょう!

よく、腹式呼吸と胸式呼吸どちらがいいのですか?
と質問を受けますが、どちらが良い悪いではなく両方を使い分けられることが大切です!
自律神経は自分の意思ではコントロールできませんが、唯一呼吸によりコントロールが可能になります。しかも深い呼吸でその効果は最大に。
リラックスしたい時は腹式呼吸を。
イキイキとした活力を得たいときは胸式呼吸を。
呼吸を使い分け自分の気持ちをコントロールしてみてください。

Glanz の骨セラピーで背骨の柔軟性を高めることも呼吸を深くし花粉症の症状を和らげるのににとても効果的です!!

また、施術の際、呼吸の仕方も詳しくお伝えしています^^

 

4月はまだご予約枠に余裕がございますので
この機会にぜひご予約お待ちしております(^^)/

mitsuraku.jp/pm/online/index/g3d5k2/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIytjC3NFWyrgVcMOnIC3Q,

 

Glanz 骨セラピー

▼オンライン予約用URL▼
https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g3d5k2/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIytjC3NFWyrgVcMOnIC3Q

住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-24

※詳しい住所はお問い合わせの際に
お伝えいたします。

TEL 03-4500-8281
LINE @vgi4233u
MAIL glanz-01@outlook.jp
営業時間 10:00~21:00
お休み 不定休

LINE(相談・予約・新情報)
LINE ID  @vgi4233u   https://line.me/R/ti/p/%40vgi4233u
Facebook  http://on.fb.me/1K1jVFk
  • facebook
  • twitter