体の事

体の事詳細

肩こりになったら、まずは関節を!


今回は肩関節のほぐし方と肩こりの関係について書いていきます‼︎

【肩こり解消には、筋肉より関節‼︎】

肩がこると、どうしても肩の筋肉をほぐしたくなりますよね? その場合の「肩」って、どこを指していますか? おそらくほとんどの人が、肩たたきするときの肩をイメージされると思います。


実際に触ると硬くなっているでしょうから、少しでもほぐしたい気持ちはよく分かります。

しかし、その部分だけをどんなにほぐしても肩こりは解消されないのです。

肩こりがひどくなれば、肩に重りが乗ったような感じになったり、肩に鉄板が張りついたように感じたりする人も多いことでしょう。

そのようなケースでは、肩関節が動きにくくなっているはずです。そこで、肩という筋肉ではなく、肩の関節を柔軟にして肩こりを改善していきましょう。

【肩関節を意識しながら動かす】

❶右腕を枕にして横向きに寝転んでください。

❷そこから左手の甲を天井へ向けたまま、身体の前を通りながらゆっくりと頭の上まで移動し、また戻します。
肩手だけ万歳して戻るイメージです。

一連の動作を終えると、最初と同じ姿勢になると思います。

❸左手を上に上げながら頭へ近づけていきましょう。この場合も左手の甲を上に向けたまま、真っすぐ手を伸ばしゆっくり動かしていきます。

これで、前方向と上方向に腕を動かしたことになります。肩こりがつらいときは、肩の筋肉のこわばりばかり気になってしまうものです。ただ、それでは根本的な解決に結びつきにくいです。

この運動をしてみると、実は肩というのは関節なんだということに気付かされるはずです。この動きを10回くらい繰り返してみましょう。

【肩関節を大きく回してみましょう】

では、次は回旋させてみましょう。

回旋には前回しと後ろ回しがあります。ラジオ体操でもおなじみなのですぐ分かると思いますが、人によって回しやすい方向と回しにくい方向があります。回しにくい方向は注意しながら行ってください。

最初の位置は先ほどと同じです。

❶ゆっくり身体の前を通って頭までもっていき、そこからゆっくり腕を後ろから回します。このときは「大きく腕を回す」ということを考えてほしいのですが、特に肩を大きく動かすように心掛けてください。

❷次に反対回しもやってみましょう。
今度は先に腕を後ろへ回して頭の上を通り、身体の前から最初に位置へ戻ります。

前回しと後ろ回しをそれぞれ10回ほどしてみましょう。「そんなことくらい簡単! 」と思われることでしょう。

確かにやっていること自体はとても単純です。

立って両腕同時にやればいいじゃない!

と思う人もいるかもしれませんが、重力を活用して立ってまわすよりも横になった方がより関節を動かせます。

【関節の可動域を広げると健康になる】

今回のストレッチで腕を回すことで、肩関節を動かしました。肩関節が柔軟に動くようになりますと、こわばっていた肩こりが軽減します。

「肩こりは肩の筋肉をほぐせばいい」という固定概念をなくし、関節を動かすことに注目してみてください。

肩に限らず、関節はとにかく柔軟であることが健康の基本です。

関節が動く角度や範囲を「可動域(かどういき)」という言葉で表しますが、関節の可動域は狭いより広い方が健康のためにはよいです。

今回の肩関節をはじめ、股関節や膝関節、足関節(足首)の関節を柔軟にして可動域を広げると、筋肉のこわばりも軽減していきます。

「肩こりくらい、放っておいても問題ない」と安易に考える人も少なくないかもしれません。

ですが、慢性化すると重大疾病につながる恐れもありますから、早めに改善するようにしましょう。

 


MINO'ake -total health care-

070-1510-1188
kinesera@gmail.com

廣島由佳

 

Glanz 骨セラピー

▼オンライン予約用URL▼
https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g3d5k2/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIytjC3NFWyrgVcMOnIC3Q

住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-24

※詳しい住所はお問い合わせの際に
お伝えいたします。

TEL 03-4500-8281
LINE @vgi4233u
MAIL glanz-01@outlook.jp
営業時間 10:00~21:00
お休み 不定休

LINE(相談・予約・新情報)
LINE ID  @vgi4233u   https://line.me/R/ti/p/%40vgi4233u
Facebook  http://on.fb.me/1K1jVFk
  • facebook
  • twitter