体の事

体の事詳細

渋谷 整体 Glanz 背骨セラピーから <柔軟性向上のカギはお尻>


Q 柔軟性向上のカギは?

 

A 殿筋群!!


身体の柔軟性を測る方法として一般的には体前屈で、

指先が床に着いた上体を「0」として±で表します。

 

体前屈には股関節が曲がるのと同じに、脊柱腰部も丸まるように屈曲します。

 

この時ハムストリングス筋、殿筋の柔軟性が低下していると、脊柱腰部がさらに屈曲して体前屈をすることになります。

 

これに対して柔軟性のあるハムストリングス筋、殿筋を持つ人の体前屈は、股関節が十分に屈曲し、骨盤が前傾し、これにより脊柱腰部を過剰に曲げることなく、体前屈をすることが出来ます。

 

lwf2

 

柔軟性を向上させて腰椎部への負担を減らすには、ハムストリングス筋、殿筋のストレッチを十分に行う必要があります。

 

ハムストリングス筋のストレッッチを行っている人は多いですが、

より股関節に近い殿筋群のストレッチを十分に行っている方は少ないです。

 

ハムストリングス筋と同じように、殿筋群のストレッチも行うようにしましょう。

殿筋群の柔軟性が増すと、日常生活での何気ない動作での腰痛が軽減しやすくなります。

 

Glanz 骨セラピー

▼オンライン予約用URL▼
https://mitsuraku.jp/pm/online/index/g3d5k2/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYytVIytjC3NFWyrgVcMOnIC3Q

住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-29-24

※詳しい住所はお問い合わせの際に
お伝えいたします。

TEL 03-4500-8281
LINE @vgi4233u
MAIL glanz-01@outlook.jp
営業時間 10:00~21:00
お休み 不定休

LINE(相談・予約・新情報)
LINE ID  @vgi4233u   https://line.me/R/ti/p/%40vgi4233u
Facebook  http://on.fb.me/1K1jVFk
  • facebook
  • twitter